FC2ブログ

ぼちぼちな感じで

IT資格とか、お勉強とか

WindowsのGNS3でIOUをようやく動かせたという話~その1

2018/09/15時点のお話。

3連休なので、念願のIOUを使ってみようと決心したわけです。
で、「Cisco」「GNS3」「IOU」などと調べてそのとおりにやってみたものの、どうやってもうまくいかない。

で、試行錯誤の末、なんとか動くようになって、めでたくL3スイッチ上でOSPFやらEIGRPやらEtherchannelを動かせるようになった、という話です。

結論として、ほとんどの問題は
バージョンの問題
でした。

要するに、IOU設定関連の紹介ブログで使用されているツールを現時点で使おうとするとバージョンがずれていて対応していない、ということが有るようですね。

記事を読む場合、記述された日付に注意しないといけない、ということですかね。
これがまた素人殺しなんだわ・・・。

◆GNS3+IOUを使えるようになるまで、最終的に必要になったもの
(1)GNS3
(2)Virtual Box(VMware Playerでも可らしい)
(3)GNS3 on VM
(4)IOS on IOUファイル(ルータやスイッチの元になるbinファイルのこと)
(5)WinSCP(セキュアFTPが使えれば他のソフトでも良いのかな?)
(6)とあるPythonファイル(IOUのライセンスがごにょごにょ・・・)



IOU初構築だと、(1)と(3)を別に準備する必要がある、という発想に至らないよね・・・。

普通は至るのか?

◆新しいものを使ったほうが良いもの
(1)GNS3 (ワタシの場合は2.1.9)
(2)Virtual Box(ワタシの場合は5.1.38)
(3)GNS3 on VM

◆最新でなくても、とりあえず使えてしまうもの
(4)IOS on IOUファイル(ルータやスイッチの元になるbinファイルのこと)
(5)WinSCP(セキュアFTPが使えれば他のソフトでも良いのかな?)

◆現状の環境で使えるものを準備する必要があるもの
(6)とあるPythonファイル


■なぜVirtual Boxが出てくるの?
後から考えたら当然のことだった。
IOUとは「IOS on Unix」なわけで、GNS3上で直接動くわけではなく、Linux/UnixOS上で動くソフトウェア(?)なわけです。

だから、IOUのbinファイルはLinux/Unixサーバで動かさなければイカンわけです。
おそらく、GNS3自体をLinux上で動かしている場合は、Virtual boxのような仮想化ツールはいらないんでしょうね。
ワタシはGNS3をWindowsで使いたかったので、GNS3と並走してVirtual Boxを動かすことになりました。


■最初にハマったGNS3 VM
GNS3やVirtual Boxのインストールについてはココでは書きません。
色んな所に記述が有るでしょうし、それほど悩むところではないでしょうから。

「Cisco」「IOU」「使い方」などで検索するときに上位に出てくるいくつかの紹介記事。
これを参考にしていると、
こちらのサイトから、IOU用の仮想イメージファイルをダウンロードしなさい、みたいな流れになっているのではないかと思います。

SourceForgeのGNS3関連ページ
https://sourceforge.net/projects/gns-3/
GNS3-01.jpg

でも、結果から言うと
このサイトからダウンロードできるファイルは使いませんでした。

たぶん、もろもろの関連ソフトウェアの設定が正しければ使えるのと思うので、紹介記事が間違っていたり、上記のサイトからダウンロードできるファイルが誤っている、ということで決してありません。
あくまで、ワタシの環境では最後まで使わなかった、というだけ。

なぜ、このファイルがワタシの環境で使えなかったのかは、実はわかりません。
(スキル不足はお恥ずかしい限り・・・)

とりあえず、このファイルを使用して先に進もうとすると、最終的に
「Error while getting the VMs: The server XXXXXX-XXXXXX-XXXXXXXX is not a GNS3 server or it's a 1.X server」
みたいなエラーが出てしまうんですね。

フォーラムとかいろいろ調べてみた結果、やれバージョンが合っていない、ライセンスが正しくない、設定がおかしい・・・いろいろ書いてあったものの、どれを試してもうまくいかず・・・。

結局、こちらの動画を参考にしたら、上記のエラーは回避できるようになりました。

Youtube - Install and configure Cisco IOU in GNS3 2.1.0
https://www.youtube.com/watch?v=jnj-CGGv920


結論から先にいうと、この動画のとおりにやっても途中からはうまくいきませんでした。
前述のエラーが出なくなり、IOUイメージをアップロードできるところまではうまく言ったが、その後でつまづきました・・・・
(でも、途中までは有用!)

GNS3 VMのダウンロードは、SORCEFORGEではなく、GNS3の公式サイトから。

GNS3-03.jpg

微妙なところをクリックさせてくれます。
そして出てくるのがこちら。

GNS3-02.jpg

ワタシの環境だとVirtual Boxだったので、そちらをクリックしてダウンロードしました。

そうすると
「GNS3 VM.ova」というファイルがダウンロードできるはずなので、これをVirtual Boxで読み込ませる。

やり方はこちら。
仮想ホストを追加するわけではないので、「新規」のボタンとかは押しません。

GNS3-04.jpg

で、読み込ませた「GNS3 VM」を起動して待つこと2分程度。
こんな画面になります。
GNS3-05.jpg

この時点では画面の確認だけなので、一度GNS3 VMはシャットダウンしてしまいます。
あとで、GNS3から起動することになります。

ながくなってきたので、一旦ココで終了。
次に続きます。






関連記事
スポンサーサイト



テーマ:ネットワークエンジニア - ジャンル:コンピュータ

  1. 2018/09/15(土) 19:01:31|
  2. ITお仕事系
  3. | コメント:0
<<WindowsのGNS3でIOUをようやく動かせたという話~その2 | ホーム | Virtualboxが動かなくてWindowsさんにゴメンナサイする話>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

きくっさん

Author:きくっさん
昔は勉強用に使っていたが、今はもはやただの戯言ブログ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
CCNA (0)
雑談 (5)
ITお仕事系 (9)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター